2016/12/16

中国語弁論大会を開催しました!


1210日(土)、中国語弁論大会を開催しました。

当日は7人の出場者にご参加いただき、中国の文化に関する考察や、中国の方との交流についてなど、熱い思いを中国語でぶつけていただきました!


ジェスチャーを交えての弁論など、皆さん工夫されていました!

厳正な審査の結果、3名の方が入賞されました。
最優秀賞には、福岡市姉妹都市委員会から福岡⇔広州往復航空券が、優秀賞・奨励賞には図書カードが贈られました。


最後は出場者、審査員の先生で記念撮影。
入賞者は前列左から、奨励賞・鶴田さん、最優秀賞・柴田さん、奨励賞・木村さん。

韓国語弁論大会を開催しました!


1210日(土)、韓国語弁論大会を開催しました。

当日は8人の出場者にご参加いただき、韓国語を学ぼうと思ったきっかけや、韓国の方との交流についてなど、韓国への熱い思いを韓国語でぶつけていただきました!
最優秀賞を受賞された、永田さんの弁論の様子。韓国語での質疑応答にも流暢に回答されました!


厳正な審査の結果、永田さんを含む4名の方が入賞されました。
最優秀賞には、福岡市姉妹都市委員会から福岡⇔釜山往復航空券が、優秀賞・奨励賞には図書カードが贈られました。また、大学生を対象とする特別賞として、釜山国際交流財団様からご提供いただいた、東亜大学での夏季研修プログラムが特別賞受賞者に贈られました。


最後は出場者、審査員の先生で記念撮影。
入賞者は前列左から、優秀賞・高月さん、最優秀賞・永田さん、特別賞・金重さん、奨励賞・井出上さん。

2016/12/14

ミャンマー最大の都市ヤンゴン市と姉妹都市に!!!



平成28年(2016年)127日は、福岡市にとって記念すべき日となりました。なんと、ミャンマー最大の都市ヤンゴン市と姉妹都市になったのです!!日本とミャンマーの間での姉妹都市は、福岡・ヤンゴンが初。これもまた記念すべきことです! 
  
ミャンマーは「アジアのラストフロンティア」と呼ばれ、市場としても、生産拠点としても世界的に注目される国。伝統的な親日国でもあり、非常に温和な国民性。また、ヤンゴン市にはシュエダゴン・パゴタに代表されるように歴史的価値のある寺院や建物・豊かな自然環境があり、市民同士の国際交流にとっても魅力あふれる都市なんです。

これから経済発展と共に急速なインフラ整備が進むことが予想され、歴史的建築物や自然環境など調和のとれた都市づくりを進めることで、世界的にも魅力あふれる都市になる可能性を秘めています。

この姉妹都市締結は、水道整備の支援をきっかけに交流を重ねてきたもので、福岡市にとっても、今後官民が連携して地元企業のビジネス展開を図ることで、ヤンゴン市と共に成長し「人と環境と都市活力の調和がとれたアジアのリーダー都市」を目指す福岡市の財産になっていくことでしょう。




2016/12/13

第42回英語弁論大会を開催しました The 42nd English Speech Contest

 平成28年12月11日(日)に,福岡市役所で高校生による英語の弁論大会を開催しました。
On December 11, 2016 (Sunday), the English Speech Contest for high school students was held at Fukuoka City Hall.

 この英語弁論大会は,福岡市と姉妹都市(USオークランド市,NZオークランド市,アトランタ市)の青少年との交流と国際理解の促進を図ることを目的として開催しており,今回でなんと42回目となります。
This Speech Contest was created for the purpose of promoting international understanding and exchange among youth in Fukuoka and its sister cities (Oakland and Atlanta of US, and Auckland of New Zealand). This year marks its 42nd time!
 
 参加者の高校生15名はちょっと緊張した様子でしたが,国際交流について大変気持ちのこもった弁論を行っていただきました。
The 15 participating high school students seemed quite nervous, but they each managed to deliver their speech with great vigor on the topic of international exchange.

 厳正な審査の結果,成績が優秀だった5名の方に,各協賛団体から福岡市の英語圏姉妹都市(USオークランド2名,NZオークランド2名,アトランタ1名)へのホームステイの旅が贈呈されました。
After much deliberation from the judges, five students with the most outstanding achievements were each awarded by sponsors a homestay experience to Fukuoka’s English-speaking sister cities (2 to Oakland, 2 to Auckland, and 1 to Atlanta).

2016/11/28

在京都フランス総領事 福岡市を表敬訪問 French Consul-General Visits Fukuoka City

9月に在京都フランス総領事として就任されたジャン・マチュー・ボネル氏が、貞刈副市長を表敬訪問されました。総領事自身、2回目の福岡とのことですが、1回目は大学時代の交換留学の際にわずか半日立ち寄っただけだとか。今回の来福は楽しみだった様子。

Mr. Jean-Matthieu Bonnel, who was appointed Consul General of France in Kyoto in September, paid a courtesy call to Deputy Mayor Sadakari today. For Consul General Bonnel, this is his second visit to Fukuoka, having spent half a day in the city when he was a university student. He seemed to have thoroughly enjoyed his second visit.



総領事にも福岡市の住みやすさは伝わっているようで、移住したいと思うフランス人もいるとお話ししていました。そのほか、福岡の郷土料理や2020年の東京オリンピックにおける福岡の役割などについて、熱心に副市長と意見交換。

Mr. Bonnel praised the livability of Fukuoka and said that there are interests even among the French in moving to the convenient city. He also expressed his interests to Mr. Sadakari in the traditional cuisines of Fukuoka, the city’s role in the 2020 Tokyo Olympics, and other topics. 

福岡市は、フランスのボルドー市と1982年から姉妹都市となっていますが、今年9月には、両市で今後3か年の協力計画を調印するなど深い交流が続いています。福岡市とフランスとの交流を、今後様々な場面で深めるように貢献していきたいとおっしゃっていました。

 Fukuoka and Bordeaux of France has been sister cities since 1982. This September, the two cities signed a 3-year agreement that further deepens their exchanges. Mr. Bonnel said that he would like to assist in the various kinds of exchanges between Fukuoka and France in the future. 

余談ですが、総領事は1127日(日)の大相撲九州場所千秋楽で日仏友好杯を授与しました。「コラにしか見えないから好き」「でかすぎるマカロンが凄い」などネットでも有名な恒例の巨大マカロンですね。今回は金色のマカロンを授与したみたいですよ~

As an interesting side note, Consul General Bonnel presented the Japan-France Friendship Cup and a giant golden macaron on November 27 (Sunday), the last day of the Kyushu Sumo Tournament.

2016/11/25

ボルドーワインセミナー&試飲会が開催されました!

ボルドー市との経済交流事業として、飲食店や流通業者の方を対象にボルドーワインセミナー&試飲会が開催。約50名の方々にご参加いただきました。

まずは、ボルドーワイン委員会(CIVB)のChristophe CHATEAU(クリストフ・シャトー)氏のセミナーから。

ボルドーワインの歴史・生産地から、品種による味の違いや料理とワインの相性にいたるまで、いろんな角度からボルドーワインを説明。参加者も非常に勉強になった様子です。

セミナーの後は、みなさんお待ちかねの試飲会。ボルドーワイン最高評議会のFrancis BOUTEMY(フランシス・ブテミ)会長から、直接、試飲の方法が伝授されました。

ボルドーワインセミナー&試飲会も無事終了。その後は、アンスティチュ・フランセ日本代表Pierre Colliotピエール・コリオ)氏とともに、髙島市長を表敬訪問。 

ボルドーワインと福岡・九州の食のマリアージュを目指し、今後の協力などについて話がありました。

2016/11/24

第24回福岡・アトランタ青少年訪問団 参加者募集(12/20締切)

 福岡市の姉妹都市であるアメリカ・アトランタ市へ派遣する訪問団員を募集します。
 福岡市の親善大使として現地で交流する人々に福岡をPRしていただき,またホームステイや学校体験などを通し,日本とは異なる独自の文化を実際に体験し,国際的視野を広げていただきたいと思います。
 たくさんのご応募お待ちしています。



  1. 訪問先 アメリカ・ジョージア州アトランタ市
  2. 訪問期間 平成29年3月18日(土曜日)から3月27日(月曜日) 8泊10日(予定)
  3. 募集人員 6名程度
  4. 参加費用 13万円 ※旅券取得,渡航手続き等の手数料及び旅行傷害保険料は含まれません。
募集対象,応募方法など詳細については,福岡市ホームページをご覧ください。


2016/11/17

出場者追加募集!韓国語弁論大会(11/22締切)

12/10(土)に開催される韓国語弁論大会の出場者を追加募集します!
募集締め切りは11月22日(火)。

出場を迷われている方、ぜひご応募ください!

※応募の詳細は、募集要項の記事http://fukuokasistercities.blogspot.jp/2016/10/blog-post_19.html をご参照ください。

出場者追加募集!中国語弁論大会(11/22締切)

12月10日(土)に開催される中国語弁論大会の出場者を追加募集します!
募集締め切りは、11月22日(火)。

出場を迷っている方、ぜひご応募ください!

※応募の詳細は、募集要項の記事をご参照ください。http://fukuokasistercities.blogspot.jp/2016/10/15.html

2016/11/11

明後日は福岡マラソン!



明後日はいよいよ福岡マラソンですね。市役所前のふれあい広場でもEXPOが開催され盛り上がってま~す。
我らが姉妹都市委員会NZオークランド部会もブースを出展し、30周年をPR中。


しかも、NZを皆さんに知っていただこうと、ハニーマークスさんにご協力いただき、マヌカハニーも絶賛販売中!




はちみつからドロップまで色々取り揃えておりますよ。抗菌性に優れたマヌカハニーは薬用効果も高いそうです。初めての方は5本入りスティックでお試しあれ。
もちろん試食もしてますので、みなさんぜひお越しくださいませ~。

2016/11/09

孫副総領事が福岡市を表敬訪問!  孙副总领事到访福冈市政府进行表敬访问!

中華人民共和国駐福岡総領事館に平成28年10月に着任された孫 忠宝副総領事が11月9日(火)に 福岡市役所を訪れ,丸尾国際部長,横内国際経済・コンテンツ部長を表敬訪問されました。
孫副総領事は,福岡にいらっしゃるのは今回が初めてということで,福岡の色々なところを訪れ,福岡のことをもっと知っていきたいとおっしゃっていました。

11月9日上午,刚到任的中华人民共和国驻福冈总领事馆孙忠宝副总领事到访福冈市政府,并对国际部丸尾部长、横内国际经济部长进行了表敬访问。
孙副总领事表示,这是他第一次来到福冈,希望在福冈工作生活的期间,到访福冈的名胜古迹,进一步加深对福冈的了解。
 

【右から3人目が孫副総領事】
右边起第3位为孙副总领事】


2016/11/08

駐日各国大使の福岡訪問について Diplomats’ Study Tour to Fukuoka City


平成28年11月7日(月),外務省が実施する駐日各国大使の地方視察の一環で,世界16か国21名の各国大使らが福岡を訪問されました。

大使らは博多区の東長寺や櫛田神社を視察されたほか,福岡の伝統工芸品である博多人形の絵付け体験で福岡の文化に触れられました。また,福岡市の水素ステーションの視察では多くの質問がなされ,熱心に学んでおられました。

On November 7 (Monday), as a part of a diplomats’ study tour organized by the Ministry of Foreign Affairs, 21 ambassadors and officials from Tokyo embassies of 16 countries and regions visited Fukuoka City.

The delegation visited Tochoji Temple and Kushida Shrine in Hakata Ward, and experienced the culture of Fukuoka through various activities, such as painting Hakata dolls, which are one kind of traditional artworks of Fukuoka. They also visited the city’s state-of-the-art Hydrogen Station. They asked many questions, showing great enthusiasm as they learning this new endeavor of the City.




2016/10/31

報告会を開催しました Reporting Session by Fukuoka-Ipoh Youth Delegation



1029日、マレーシアのイポー市を訪問した団員たちの報告会を実施しました。
笑いあり、涙なしの報告会。みんなそれぞれの視点でそれぞれの体験談を報告いただきました。
Students who visited Ipoh of Malaysia shared about their experiences at the reporting session on October 29. It was a session full of laughter and no tears. Everyone shared about their unique experiences from their unique points of view.
中にはホストファミリーから貰った民族衣装で報告する子も。
One of the students even presented in Malaysia’s traditional clothing, which he received from his host family.

会の最後は、福岡・マレーシア友好協会事務局長、細江さんのコメント。
Mr. Hosoe, Secretary General of Fukuoka-Malaysia Friendship Association, gave his closing comment.
細江さんにとっても、採用面接から参加いただいた思い入れのある事業。
To Mr. Hosoe, this project, which he has taken part from the interviewing stage, means a lot to him personally.

「本当に成長して帰ってきたね」「採用して本当に良かったと思う」「福岡とマレーシアを繋ぐ架け橋になってほしい」という力強いコメントをいただきました。
Mr. Hosoe gave many memorable remarks.
“You have returned to Fukuoka all grown and mature,” “I’m so glad we picked you as part of the delegation,” “I hope you will all be ambassadors between Fukuoka and Malaysia.”