2014/12/25

今年も大好評「2014 博多伝統工芸展 in 釜山」


姉妹都市の釜山広域市に,福岡市から職員が派遣されている上原さんより,現地情報をお伝えします!

 

1128日から30日までの3日間、釜山文化会館にて「2014 博多伝統工芸展 in 釜山」が開催されました。この展示会は、姉妹都市である釜山広域市で、伝統工芸を愛し、興味を持つ方々に博多の伝統工芸を紹介するため、釜山広域市工芸協同組合の全面的な協力のもと、20139月に初めて開催され、今年は2回目の開催となりました。

博多織、博多人形、博多曲物、博多独楽、博多鋏、博多張子、マルティグラスのほか、くまもと工芸会館から肥後象がんなども出品されました。

昨年は、展示のみを行いましたが、今年からは展示会場で直接購入ができるようになりました。昨年の展示会でファンになってくださった方をはじめとして、たくさんのお客さんが来場くださり、中にはひとりでいくつも工芸品を購入してくださったお客さんもいました。


 また今年は、釜山工芸大展で入賞した釜山の工芸作家の手による作品も数点展示されました。

 

博多人形師の梶原正二さんの人形制作の実演がお客さんの注目を集めていました。

博多張子のお面への絵付体験も、おとなからこどもまで大人気で、講師の河野正明さんは3日間の間忙しく絵付を指導しておられました。


 
この展示会が今後も続き、博多の伝統工芸品の魅力が釜山の方たちにもっともっと伝わるといいなと思います。

 

2014/12/17

第40回英語弁論大会を開催しました


平成261214日(日)に、福岡市博多区のアジア美術館内にある「あじびホール」で,英語による弁論大会を開催しました。
この英語弁論大会は、姉妹都市(USオークランド市、NZオークランド市、アトランタ市)の青少年との交流と国際理解の促進を図ることを目的として開催しており、今年で40回目となります。
たくさんの応募者の中から書類選考で選ばれた高校生16名の方に、①私が考える国際交流 ②私が海外の人に紹介したい福岡市の魅力 ③国際交流に関する自由な内容 の3つのテーマの中から,大変気持ちのこもった弁論を行っていただきました。
厳正な審査の結果、成績が優秀だった4名の方に、各協賛団体から福岡市の英語圏姉妹都市(USオークランド2名、NZオークランド1名、アトランタ1名)へのホームステイの旅が贈呈されました。
 
 
 

第13回中国語弁論大会開催!


1213日に福岡アジア美術館あじびホールにて、福岡市姉妹都市委員会・福岡市主催の第13回中国語弁論大会を開催しました。本年度は8名の参加者が、福岡の魅力や自身の留学体験、国際交流など様々な内容について、中国語で熱弁を振るわれました。

最優秀賞は三田村さん、優秀賞は高崎さん、奨励賞は渡邊さんがそれぞれ受賞されました。なお最優秀賞者には、福岡市の友好都市である広州市への往復航空券、またその他の入賞者へは中国語教材等が贈呈されました。
 
審査員の先生からは「出場者のレベルが高く、スピーチだけでなく、パフォーマンスが上手だった」と講評をいただきました。
どうぞ、中国語を勉強されている皆様、是非来年のご出場をお待ちしております!
          
 
 
 

今年も釜山で開催されました「第31回日本語弁論大会」


姉妹都市として親しい関係を持つ釜山広域市には,福岡市から職員が派遣されています。派遣されている上原さんより,釜山の現地情報をお伝えします!

 

118日の土曜日、今年で31回目を迎える日本語弁論大会が釜山市で開催されました。

この弁論大会は、日本語を勉強している大学生を対象に、在釜山日本国総領事館と()釜山韓日文化交流協会が、日本語学習意欲の向上と、日韓両国間の相互理解の増進を目的として、毎年開催しているものです。

今年も昨年と同様に、予選を勝ち抜いた日本語の強者である20名の学生が出場して、思い思いに日本語での弁論を繰り広げました。今年は20名の学生中14名が男子学生でした。出場者20名中、昨年は12名が、一昨年は16名が女子学生であった近年の状況に比べて、男子学生が大躍進した大会と言えるかもしれません。

弁論のテーマは、日韓交流や日本との関係に関するものや、自分の夢に関するもの、家族への思い、そして自分の個性を見つめそれを大切にしようと決意したものなど多岐に渡っておりました。昨年も感じたことですが、日本語の能力の高さはもちろん、それ以上に、よく練られた弁論内容に大変驚かされました。

そんな中、今年「福岡市長賞」を受賞したのは、慶星大学校日語日文学科2年生の禹哲珉さんです。禹さんは、「韓国人の日本人観」をテーマに弁論しました。禹さんは、残念ながら日本についてよくないイメージを持つ人もいる韓国において、日本が好きだとはっきり言い、もちろん自分の国である韓国も好きだと言います。現在の日韓関係について、過去の歴史を忘れないことも大切であるけれど、現在の両国の良いところを認めあって、協力し合うことも大切だと、流暢な日本語で真剣に主張しました。



禹さんには、福岡市長賞の副賞として福岡への往復乗船券とホームステイ体験が贈呈されました。福岡に行ったら、福岡の良いところを見て釜山の方たちに伝えたり、逆に釜山の良いところを福岡の方に伝えたりして、かけはしになってもらえたらと切に願います。

 

2014/12/15

「アジア太平洋フェスティバル福岡2014」にイポー市長が参加!


芸術的なステージパフォーマンスを堪能しながら、屋台で味わう料理。そして活気に満ちたマーケットを巡るなどそれぞれの楽しみ方で多種多様なアジア太平洋地域の魅力を一度に味わえる「アジア太平洋フェスティバル福岡2014」。

10月11日~13日で開催された今年は,ステージプログラムである「ASIAN PARTY NIGHT」にダトー・ハルン・ビン・ラウィ マレーシア・イポー市長が参加されました。

ASIAN PARTY NIGHTオープニングで,福岡市委員会委員長である髙島宗一郎市長とともに,両市の友好を祈念し,またアジア太平洋フェスティバルの25周年を祝して、会場の皆さんと乾杯が行われました。
 
 

第六回 広州市派遣報告


姉妹都市である広州市に福岡市から派遣されている高橋さんより、現地の情報をお届けします。

 
こんにちは!11月も終わりにさしかかり、広州も肌寒くなってきました。広州の気候の特徴として寒くなったと思いきやいきなり暑さが戻ってきたり、日によって気温の変化が激しいので、この季節は体調を崩して風邪をひいている人をちらほら見かけます。そして、11月頃からこれまでの厳しい暑さが和らいできますので、外国からの訪問団やイベントなどが非常に多くなってきます。

今回のレポートでは、ジャパンデイ、越秀公園についてご紹介します。
 

【ジャパンデイ】

日時:1019日(日)
場所:在広州日本国総領事館公邸

 「伝統」「観光」「食」「交流」「ポップカルチャー」の5種類のブースを設け、日中友好・対日理解促進・地域貢献を図るイベントとして今年もジャパンデイが開催されました。2007年から始まったジャパンデイも今年で7回目の開催となり、今年は3,400名の来場者が訪れ日本文化を体験しました。

 「伝統」コーナーでは、着物の着付け体験や広東外語外貿大学の学生による茶道の実演、「食」のブースでは食品企業によるメイド・イン・ジャパン食品の試食、「交流」のブースでは広州日本婦人会による折り紙やかるたの体験教室などが行われていました。

「観光」ブースでは各地方自治体が観光PRをし、福岡市のブースでは博多人形を来場者に実際に触ってもらったり、博多おはじきを使っておはじきの遊び方を教えたり、より来場者と近い距離感でPRができ、ダンボール6箱程用意していたパンフレット約1500冊も瞬く間になくなりました。

   昼頃にはステージで東京音頭と炭坑節の盆踊りが行われ、私も指導補助員として参加しましたが、盆踊りの音楽と踊りに足を止めて見入る来場者も多く、特に福岡発祥である炭坑節を踊る時は私も一層気合いが入りました。

 今年は訪日中国人観光客も過去最大となり、日本に関心を持っている中国の方が更に増えていることから、この流れにのって積極的にPRを行っていきたいと思います。

会場内の様子
 
着物の着付け体験
 
博多おはじきの説明を受ける
 
炭坑節・東京音頭の盆踊り体験
 
 
 
 
 
【越秀公園】
住所:越秀区解放北988
  越秀公園は、総面積86.8万㎡と広州市内で最も広大な公園の一つで、市中心部にありながら園内は緑で溢れ市民の憩いの場となっています。また、五羊仙庭、広州博物館などの見どころも豊富で園内を散策しながら全部周ろうとすると、あっという間に一日が過ぎてしまいます。
 この公園の目玉の一つは五羊仙庭です。五羊仙庭内には様々な像や碑がありますが、最も有名なのは広州市のシンボルである五羊石像です。この五匹の羊の石像の内一匹のみが稲穂を口にくわえていますが、なぜかというとある言い伝えが関係しています。
 
  それは、昔、羊に乗った五人の仙人が空からやってきて稲穂を広州の地にもたらし、彼らが乗ってきた五匹の羊は石化しこの地に永遠にとどまり、五穀豊穣のシンボルとなったという言い伝えです。この話が基となり、広州は別名「羊城」「穂城」とも呼ばれています。
  なお、五羊石像は2010年に広州で開催されたアジア競技大会のマスコットとなり、「羊城通」という公共交通機関で使用できるICカードにも五羊石像の図案が採用されています。
 




園内は緑で溢れています

広州博物館
 
五羊石像
 

明代の城壁
 
 
 
 
 



 
 
 

 

2014/12/11

マルシェドノエル福岡天神2014 警固公園にOPEN!!

  姉妹都市ボルドー市(フランス)の特別後援を受け,警固公園で『マルシェドノエル福岡天神』(クリスマスマーケット※)が開催されています。会場には本場さながらのシャレー(木製小屋)が立ち並び,フランスのマルシェドノエルでは欠かせない,スパイスの効いたヴァンショー(ホットワイン)をはじめ,「シティワイン福岡2014」などのボルドーワイン,ボルドーの伝統的スイーツのカヌレ,など,他では味わうことができない商品が数多く登場しています。

他にも,ワインに合うパンやキッシュ,心も体も温まるスープなどお食事も充実。フランスで直接買い付けした,アクセサリーやぬいぐるみ,玩具にホームリネンなど様々な商品が並んでいます。
 
ボルドーのクリスマスが味わえる『マルシェドノエル福岡天神』へ出かけてみませんか。

※クリスマスマーケットとは・・
クリスマスグッズやフードなどを販売する市場で,ヨーロッパのクリスマスの風物詩。

 
■開催期間  2014121日(月)~25日(木)
            11302200 O.S: 21:30)
1211日(木),15日(月)は一部の飲食店が休業となります。

■開催場所 警固公園(福岡市中央区天神2丁目2

■主催 We Love 天神協議会

■共催 福岡市

■特別後援 ボルドー市(フランス)

 出展者の紹介など詳細は,主催者ホームページをご覧ください


 


    
    

2014/12/04

「シティワイン福岡2014」販売開始!!


姉妹都市であるボルドー市は,ワインの産地として世界的に有名です。今年9月に,700名を超える市民の投票によって「シティワイン福岡2014」6銘柄が選考されました。

「シティワイン福岡2014」が,12月より市内の店舗で販売されます。クリスマス,年末をはじめいろいろな機会にぜひ姉妹都市ボルドーの味と香りを楽しんでみませんか。

《シティワイン福岡2014販売店舗》


・イオン6店舗(イオン原ショッピングセンター,イオンモール福岡伊都,イオンモール香椎浜,イオン福津店,イオン福岡店,イオン筑紫野店)
 
・岩田屋本店
 
・福岡三越
 
・市内のオーリック店舗
 
銘柄によっては,他に既に販売されている店舗もあります。
 
岩田屋本店,福岡三越は12月2日以降,順次販売予定です。
 
福岡三越は一部銘柄取扱がありません。取扱銘柄は在庫状況で変動します。

《シティワイン福岡2014選定銘柄》

「シティワイン福岡2014」チラシ PDF1,388kbyte

Facebookページ(「シティワイン福岡」)も、ご覧ください。

2014/12/03

第42回福岡・USオークランド青少年交流訪問団を派遣しました!!


7月25日(金)~8月5日(火)の日程で,福岡・USオークランド青少年交流訪問団が姉妹都市であるアメリカ・オークランド市を訪問しました。書類と面接試験によって選考された福岡の高校生6名が,福岡市の親善大使として,現地でホームステイ等を通して,日本とは異なる独自の文化を実際に体験しました。

オークランドでは,カウンターパートであるオークランド・福岡姉妹都市協会(OFSCA)のメンバーが中心となって,英語やアメリカの歴史・文化を学ぶ教室の開催や大学のキャンパスツアーなどに案内していただきました。

各プログラムには,団員のホストファミリーも参加されることもあり,多くの方々との交流が体験できました。また団員は,福岡市の親善大使として,両市の友好親善にも大きく貢献していただきました。
 
これを機会に,団員それぞれが,オークランドの人々との間で,今後さらに交流の輪が育まれることを期待しています。


第19回福岡・イポー青少年交流訪問団を派遣しました!!


8月5日(火)~14日(木)の日程で,福岡・イポー青少年交流訪問団が姉妹都市であるイポー市を訪問しました。書類と面接試験によって選考された福岡の高校生8名が,福岡市の親善大使として,現地でホームステイ等を通して,日本とは異なる独自の文化を実際に体験しました。

イポー市へ訪問期間中,団員に大きな病気やけがなどもなく,ホストファミリーなど現地の人々の温かいもてなしを受けました。

団員は,高校体験入学をはじめJICAシニアボランティア訪問など,現地で多くのプログラムを体験しながら,マレーシアの文化を尊重し,また団員同士互いに助け合い,意欲的に活動に参加していました。
 
この体験をもとに,今後さらに国際的視野を広げ,その経験を今後の人間形成に役立てていただきたいと期待しています。
 

 

ボルドーからのアーティストがミュージックシティ天神(MCT)に登場!!

姉妹都市であるボルドー市からVolcanことGreg Vezon氏が,927日(土)にミュージックシティ天神(MCT)岩田屋本館前 STAGEに登場しました。

彼のアナログ・エレクトロニック・ミュージックは,彼の映し出す映像作品とリンクしており,その音も映像も共にHELDONやタンジェリンドリームといった電子楽器を駆使した1970年代の音楽のパイオニア達、そしてアシッドハウスにインスパイアを受けているとのこと。

彼の例をみない映像と音のパフォーマンスに,岩田屋本館前 STAGEは大いに盛り上がりました!

また,MCTに参加した日本のアーティストたちとも交流を深めることもできたとのこと。またいつか福岡でパフォーマンスを見せてくれることを期待しています。





フランス語スピーチコンテスト優勝者がボルドーへ短期語学留学に行きました!


去る5月31日(日)に当委員会がアンスティチュフランセ九州とともに,フランス語スピーチコンテストを開催しました。今回は前田桜子さんが優勝者となり6月30日~7月23日迄のおよそ3週間,ボルドーへ短期語学留学に派遣されました。
 
スペイン人やメキシコ人,ロシア人等,世界各国から集まった友人達と共に日々フランス語の授業に励むとともに,ボルドーの食,芸術,人柄・・・様々なものを見て,聞いて,数え切れないほどの経験をされたそうです。
 
今回の経験を活かし,福岡とボルドーそして日本とフランスの架け橋となって活躍されることを期待しております。
 

 

ロータリー賞受賞者がオークランドを訪問しました!

20131215日(日)に開催された第39回英語弁論大会でアメリカ・オークランド賞のうちロータリー賞を受賞した金子奈央さんが,730日(水)から87日(木)までオークランドへホームステイに行ってきました。

ロータリー賞は,福岡ロータリークラブ,福岡西ロータリークラブのご協賛で派遣されております。また,現地ではオークランドロータリークラブが受け入れをしていただいております。

金子さんはこの旅で,福岡市の親善大使としてオークランド市長への表敬訪問やオークランドロータリークラブでのスピーチ,学校体験やホームステイで文化の違いを学ぶなど,とても有意義な8日間を過ごしたようです。


 
また,これに先立ち4月に,フェイ・アレックスサンドラさんがオークランドから派遣され,8月に派遣された金子さんが通う高校での学校体験,日本文化体験,ホームステイなどが行なわれました。
 
今回の訪問を契機に,若い世代のお二人が中心となり,両市の架け橋となって交流の輪が広がることを期待しています。