2013/07/11

高校生来福

6月28日から7月8日まで、オークランド・福岡姉妹都市協会OFSCAのギャリー・トミナガさんに引率され、オークランド青少年交流訪問団が来福しました。
団員の高校生8名はホームステイしながら、香住丘高校の訪問、福岡のまちの見学、日本文化の体験など、盛りだくさんのプログラムで1週間余りを過ごしました。

福岡・USオークランド友好協会FOFAによる歓迎会

息のあったパフォーマンスを披露

ライオンズクラブ国際協会や福岡・USオークランド友好協会の協力で実施されているこの事業は、半世紀を超えた福岡とオークランドの交流の中で、多くの若者たちに相互理解と長い友情のきっかけをもたらしてきました。


2013/07/02

フランス語スピーチコンテスト開催

 第15回ボルドー・アキテーヌ-福岡・九州姉妹都市フランス語スピーチコンテストが開催され、ボルドーの名物カヌレについて発表した、高石祐太郎さん(西南学院大学2年)が見事優勝しました。
 高石さんには、ボルドー往復航空券とアリアンス・フランセーズでの語学研修の目録が贈呈されました。




漫画で日本-福岡

5月20日から6月2日、エスパス・サン・レミはじめボルドー市内の書店やカフェなどで、漫画をめぐる展覧会や上映会、パフォーマンスなどが開催されました。
姉妹都市締結30周年の折『食いしんぼうな視線』を企画した9-33協会の主催、ボルドー市などの後援で、昨秋福岡に滞在しライブも披露した作家ダビッド・プリュドムも、大相撲九州場所やまちのあちこちで取材した作品を公開しました。
また、福岡を紹介するヴァンサン・ルフランソワの『福岡きらめき散歩』も再び展示され、様々な催しが姉妹都市での日本への関心を高めてくれたようです。