2012/09/26

福岡・ボルドー姉妹都市締結30周年:MUSIC CITY TENJINにボルドーのミュージシャンが 出演!


福岡・ボルドー姉妹都市締結30周年、この秋の福岡での記念事業のスタートを飾ってくれるのは、MUSIC CITY TENJIN出演で日本初上陸を果たす、ボルドーのふたりのミュージシャンです。

様々な情景を描き出すオーガニックなサウンドと、柔らかくしっとりとした歌声の、ストランデッド・ホース。


フランスのポップロックの重要バンド<カルク>のフロントマンで、心沁み入る歌声が印象的な、ジュリアン・プラス。


初秋の週末、優しいアコースティックサウンドに包まれて、素敵な宵のひとときはいかがでしょうか。ぜひお出かけください。

 ■出演会場
  ソラリアプラザゼファステージ
 ■出演日時
  9月29日(土)18:00、19:00
  9月30日(日)18:00、19:00

 http://www.musiccitytenjin.com/

2012/09/25

USオークランド50周年記念訪問団(その3)

USオークランド50周年記念訪問団(その3)
 USオークランド市との姉妹都市締結50周年を記念して福岡市訪問団を派遣し、記念行事等に参加しましたので、その様子を3回に分けて主な行事をレポートします。
 
 防災セミナー820日)
 オークランド市側からの提案により、福岡とオークランドの防災関係者がお互いの経験やノウハウを共有することで今後の両市の防災に資することを目的として開催されました。
  福岡・オークランド両市長の挨拶の後、それぞれの都市から発表が行われ、オークランド市側からは、オークランドでの災害救援活動について、マーク・ホフマン オークランド消防局副所長が発表したほか、オークランドでの市民防災活動について、市民ボランティアのジェームズ・リーパー氏が紹介しました。
 福岡市からは、東日本大震災の救援活動に従事した職員の体験と福岡市民防災センターの取り組みを紹介しました。
 東日本大震災の被害状況の写真が映されると、会場は、あまりの被害の大きさに静まりかえり、津波が押し寄せる直前まで防災無線で住民に被害を呼びかけ帰らぬ人となった南三陸町職員のエピソードが紹介されたときには、すすり泣く声も聞こえていました。






USオークランド50周年記念訪問団(その2)


USオークランド50周年記念訪問団(その2)
 USオークランド市との姉妹都市締結50周年を記念して福岡市訪問団を派遣し、記念行事等に参加しましたので、その様子を3回に分けて主な行事をレポートします。

 50周年記念式典819日)
 メリット湖のレイクサイド公園にて、OFSCAのリアン・スコット会長の司会により記念式典が行われました。
 40周年のときにオークランド側がモニュメントとして鳥居を整備した庭園に50周年を記念するモニュメントとして灯篭10基が設置されました。
 また、50周年記念式典に引き続き、ワシントンD.C.に日本から桜が寄贈されてから100周年を記念した吉野桜の植樹式が猪俣在サンフランシスコ日本総領事ほかにより行われました。

 式典後、隣接するチルドレンズ・フェアリーランドにて簡単なレセプションが開催されました。
  チルドレンズ・フェアリーランドは、おとぎ話のテーマパークで多くの家族連れで賑わうオークランドの人気施設で、ウォルト・ディズニーはフェアリーパークを訪れて、ディズニーランド建設を思いついたと言われています。



ウォルト・ディズニーがディズニーランド建設を思いついたと言われる
チルドレンズ・フェアリーランド

USオークランド50周年記念訪問団(その1)

USオークランド50周年記念訪問団(その1)

 USオークランド市との姉妹都市締結50周年を記念して福岡市訪問団を派遣し、記念行事等に参加しましたので、その様子を3回に分けて主な行事をレポートします。
  
 芸術交流展レセプション817日)
 オークランド市内のアジア文化センターにて、姉妹都市交流のカウンターパートであるオークランド・福岡姉妹都市協会(以下「OFSCA」)のリアン・スコット会長の司会により、芸術交流のレセプションが行われました。
 芸術交流展は、福岡とオークランドの芸術家を相互に派遣し合い、両市民にお互いの都市のアートに触れてもらうことを目的としており、5月の福岡での開催に続き、オークランドでもアジア文化センターにて9月末まで開催されました。
 レセプションには、オークランドのアーティストジェームス・ゲイルスさんをはじめ、福岡出身のアーティスト藤 宏朗子さんなど芸術交流展関係者が出席しました。




第38回英語弁論大会

第38回英語弁論大会

【日時】 
  2012年12月2日(日曜日)13時30分~17時30分

【開催場所】 
  あじびホール(博多区下川端3-1 福岡アジア美術館内)

【内容】  
  福岡市は毎年、福岡市姉妹都市委員会及び福岡国際交
 流協会と共催で、高校生による英語弁論大会を開催して
 います。
  今年も上記の日程で開催を予定しており、ただいま参
 加される高校生を募集中です。
  入賞者には副賞として、福岡市の英語圏姉妹都市(ア
 メリカ・オークランド、ニュージーランド・オークラン
 ド、アメリカ・アトランタ)へのホームステイの旅を贈
 呈いたします。
  皆さんの参加をお待ちしています。

  なお、大会参加希望者は、下記の応募締切までに弁論
 原稿を提出する必要があります。
  大会当日の参加者のご家族等の見学については、特に
 事前申込は必要ありません。
              
【応募締切】
  平成24年10月12日(金曜日)必着

【テーマ】
  自由、ただし自作で未発表であること

【応募資格】
  福岡市内在住または市内の高校に通う高校生
   ※外国人留学生、英語を公用語とする国の国籍を有
    する人、通年半年以上の海外生活経験者、インタ
    ーナショナルスクールなど日常的に英語を使用す
    る学校の在学生、過去に本大会で入賞し姉妹都市
    へ派遣された人及び過去に福岡市姉妹都市委員会
    または(財)福岡国際交流協会主催の青少年訪問団
    に参加し、姉妹都市へ派遣された人は対象外とな
    ります。

【応募方法】
  弁論原稿(和文・英文それぞれA4用紙1~2枚程度。
 弁論時間は4分から4分半です。) に①テーマ(日本語
 及び英語)、②学校名、③学年、④ 氏名、⑤フリガナ、
 ⑥住所、⑦電話番号を記入し、応募先まで郵送又は持
 参してください。
  書類選考後、大会出場者を決定。応募者全員に結果を
 通知します。 

    
□主催:福岡市姉妹都市委員会
□共催:福岡市、福岡国際交流協会
□協賛:福岡ロータリークラブ、福岡西ロータリークラブ、
    全日本空輸、福岡ニュージーランド友好協会、
    ニュージーランド航空、福岡日米協会、日本航空

【問い合わせ先】福岡市 総務企画局 国際部 国際交流担当
         福岡市中央区天神1丁目8の1
         電話番号:092-711-4023
         FAX番号:092-733-5597
         kokusaikoryu.GAPB@city.fukuoka.lg.jp 



2012/09/03

イポー市に青少年訪問団を派遣しました。


7月31日(火)から8月9日(木)までの日程で、イポー市へ高校生8名を派遣しました。
 派遣期間中、団員の皆さんはホームステイをしながら学校体験などを通してイポー市の皆さんと親善を深めました。
 マレーシアは、イスラム教徒が多い国(61%:外務省HPから)ですが、派遣期間中はちょうどイスラム教の断食月であるラマダンの期間に当たっており、この期間中は、イスラム教徒の方は日の出から日没までの昼間は断食を行います。そのため受け入れるイポー市の皆様にとっては大変な時期だったと思いますが、自分たちは試食できないのに料理教室を開いてくださったり、大変心のこもったもてなしをしていただき、団員一同感激していました。

料理教室のようす

イポー市の皆さんと

USオークランド市に青少年訪問団を派遣しました。


7月27日(金)から8月8日(水)までの日程で、アメリカ・オークランド市へ高校生6名を派遣しました。
 派遣期間中、団員の皆さんはホームステイをしながら、英語のレッスンを受けたりしながらオークランド市の皆さんと親善を深めました。
 団員の高校生の皆さんはホームステイを通じてアメリカと日本の普段の生活・文化の違いを肌で感じることができたようです。

 今年は、USオークランド市とは姉妹都市締結50周年に当たりますが、今後ともこのプログラムを通じて両市の交流が深まっていくことを期待しています。

大リーグ・アスレティックスの本拠地オークランドコロシアム前で
フェアウェルパーティの様子