2012/08/30

釜山広域市で「福岡市・釜山広域市高校生スポーツ交流大会」が開かれました


姉妹都市として親しい関係を持つ釜山広域市には、福岡市から職員が派遣されています。昨年4月より派遣されている宮﨑さんより、釜山の現地情報をお届けします。

  福岡市と釜山市の高校生たちが、様々なスポーツを通じて友好交流を行う「福岡市・釜山広域市高校生スポーツ交流大会」が822日から24日まで行われました。1992年に初めて開かれたこの大会は、今回で18年目を迎え、釜山と福岡市で交互に開催されています。
当初2種目で始まったこの交流大会も、2003年から5種目に拡大され、今年は釜山市内にある釜山総合運動場・江西体育公園・機長体育館など5つの会場で、剣道、空手、バレーボール、バドミントン、サッカーの交流戦が繰り広げられました。
今年の交流大会には、福岡からは選手と大会役員を含め総勢約100名の訪問団が釜山を訪れました。
その交流大会の中で、剣道の交流戦を見学に行ってきました。
開会式の30分くらい前から、両市の選手がそれぞれ練習を行い、試合本番に向けて気合十分な様子でした。

開会式では、それぞれの選手紹介が行われる中、試合に臨む選手たちからは緊張感が伝わってきます
 
しかし、いざ試合になると、緊張もほぐれたのか、一進一退の攻防で白熱した試合が繰り広げられました。
   
この交流大会では、それぞれの高校生たちが各競技の交流戦を行うことはもちろん、相互の文化を理解する良い機会になるよう、試合の前日と最終日に釜山市内の見学なども組み込まれていました。
言葉の通じない両市の選手たちですが、同じ競技を行うスポーツマン同士、交流戦を通じ、それぞれの高校生たちが国際試合の経験を積むとともに、少しでも相互の文化を理解し、国際感覚を持った人材になってくれることを願います。

2012/08/16

「福岡-広州-釜山インターンシップ交流事業」を実施しました

 福岡市姉妹都市委員会では、例年夏に「福岡-広州-釜山インターンシップ交流事業」を実施しています。中国・広州市と韓国・釜山広域市で日本語を学ぶ学生の皆さんが日本のビジネス文化を学ぶとともに、福岡市への理解を深めることを目的としたもので、今年は7月18日から8月1日にかけて、広州市より12名、釜山広域市より12名の計24名が来福し、市内の企業および団体でのインターンシップ体験や、市民の家庭訪問、日本人学生との交流などを行いました。

     〈@福岡市役所 山崎副市長・表敬訪問〉

〈インターンシップ体験先にて〉
7月23日~27日の5日間、市内各企業・団体でインターンシップ体験をしました!


RKB毎日放送株式会社:広州の鐘しょう)さん、釜山のキムさん(左から)


@博多港ふ頭株式会社:広州の鐘(しょう)さん
 今後、インターンシップ生の皆さんの体験記も少しずつご紹介していきます。お楽しみに!

〈インターンシップ受入企業・団体〉 ~ご協力いただきありがとうございました~
RKB毎日放送株式会社様、NHK福岡放送局様、株式会社JTB九州福岡支店様、株式会社ドリームインターフェイス様、株式会社西日本新聞社様、KBC九州朝日放送株式会社様、公益財団法人福岡観光コンベンションビューロー様、財団法人福岡YMCA様、社団法人福岡貿易会様、博多港ふ頭株式会社様、福岡商工会議所様、ラブエフエム国際放送株式会社様、郵便局株式会社九州支社・郵便事業株式会社九州支社様、福岡市役所